転職と面接後の行動について

面接というのは厄介なもので、一度就職活動をクリアした方でも苦労してしまうものです。むしろ、質問される項目が増えてしまうため、より面倒なものになっていると言っても過言ではないでしょう。しかし、この面接を突破しない限りは、転職を成功させることはできません。そこで、転職を必ず成功させるためにも、面接後の行動について気を付けてみてはいかがでしょうか。

 

 

面接後にしておきたい行動というのは、例えばお礼の手紙を書くことです。こんなことがどのような影響があるのか、と思うかもしれませんが、意外と効果があるもので、自分がどれだけその転職先に対して興味、関心を抱いているのかを伝えることができるのです。できれば、さらに深い話ができるように場をセッティングするまでこぎつけると、かなり有利になっているはずです。

 

 

また、面接後には反省することも忘れてはいけません。これまでの面接を振り返らずに新しい面接に臨むことは、失敗を抱えたまま面接に挑むようなものです。それでは成功することがありませんし、転職も成功しないでしょう。まずはその面接をしてどうだったか、あの質問をされた時にどのように答えたかなど、覚えている限りでしっかりと反省をしておきましょう。

 

 

そしてもう一つ、もし不採用で会った場合、なぜ不採用だったを電話すれば教えてくれるかもしれません。しつこくすれば嫌がられるかもしれませんが、聞いてみたい方は電話してみるとよいでしょう。

 

参考
20代の転職のマニュアル
20代が転職するときの自己分析や転職サイトの選び方

 

面接を一度して終わり、とするのではなく、必ず、次につなげることができるようにしておきましょう。