相手のネクタイを見て堂々と話すクセをつけよう

 転職活動をするときに最も重要なのは、面接官に「一緒に働きたいな」と思ってもらえる外見です。美醜は別として、堂々とした立ち振る舞いですとか、落ち着いたそぶり、ユーモアを交えた余裕のある対応などが面接官に好印象を与えると言われています。そのような印象は、「相手のネクタイの結び目あたりを見て堂々と話す」ことでさらに強固なものとなります。転職活動を成功させるためには、是非これを実践してみてください。

 

 普段、人と話をするときはどこを見ていますか?最近はスマートフォンの台頭をうけて、仲間でおしゃべりをしていてもみんなスマホをいじっているということが多くなってまいりました。これは言うまでもなく、転職活動の面接ではNG行為です。気心が知れた相手になら、そういったリラックスした姿を見せてもいいのですが、転職活動においては、かならず相手のネクタイの結び目あたりを見るようにしましよう。

 

 「目ではないのですか?」と良く質問をうけます。目を見て話すと、自分自身がアガってしまう恐れがあるのでやめたほうが無難でしょう、と答えています。面接を受けるときにおいては、ネクタイの結び目あたりを見ておけば、面接官には「目を見て話してくれているな」と思わせることが出来ますので、大丈夫です。

 

【おすすめページ】
中小企業への転職活動
中小企業へ転職するために何が重要だと思いますか?

 

福岡 労働問題|福岡の弁護士による労働問題Online

 

 それにネクタイは思わぬなごみ効果もあります。面接官は時として、とてもユニークな柄のネクタイを締めていることがあります。その柄をチェックして緊張を和らげるというのも転職成功への第一歩を着実に後押ししてくれているのではないでしょうか。転職活動時の面接では、相手のネクタイの結び目を見て落ち着いて話すことを是非実践してくださいね。きっといい結果をもたらしてくれることでしょう。